アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年5月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

女性社員

オフィスの内装の建築にこだわりたい時や、新築で色々な器材を揃えたい時にはパーテーションに力を入れる方法があります。
普段は収納しておく事が多いためあまり目立つ存在ではありませんが、いざという時に周りの目に飛び込んで活躍をするものですから、ここに力をいれるかどうかで会社の意識も見え隠れすると言うものです。
実用性においてもかなり重要な役割を果たしており、インテリア以外の側面が大きく関わる部分であるからこそ、丁寧に品定めをして取りつけておきたい部品です。
オフィスの内装建築におけるパーテーションには様々な種類がありますが、主な活用方法で言うと1つの大きな部屋を2つの仕切りで分けてしまうと言う使い方が主流になっています。
この使い方をする際にポイントとしてこだわりたいのがその遮音性です。
片方は会議をして、片方では別の会議をしたりあるいは作業をすると言った場合、どちらも音が聞こえにくい方がより快適に過ごせます。
特に会議を頻繁に行う会社であれば、尚更この防音性にこだわりたい所です。
防音を目的にするなら、スチールをあしらったパーテーションを使う事が基本となります。
固い素材で出来ていて、まさに壁のごとくキッチリと部屋を仕切ってくれるので、会議をする際にはとても向いています。
そしてここから応用して、更に様々な種類のものを選択する事も出来ます。
オフィスの内装建築で言えば、例えば可動式のものも存在します。
状況に応じて個別にパーテーションを動かす事が出来るため、その場で自由自在に動かす柔軟性を発揮してくれます。
ちょっと小さな会議をしたいと考えた時に、狭い会議室を誰かが使っている場合には大会議室を使うような事があります。
そうした時に違和感なく部屋を活用出来るのが、この可動式パーテーションです。
すぐに動かして小さな部屋のように仕切りを設置出来るのは、とても機転の利く優れたシステムです。
自社の会議の頻度や人数とスペースに合わせて考慮して、良い選択を行って下さい。

オススメリンク

作業を効率化し省エネの実現も

ワークスペースをトータルにイノベーションしていくメリットには、作業効率のアップやスタッフのコンフォータビリティの向上などにとどまらないのです。円滑な業務は作業の安全や安心につながります。省エネやエコロジーへの貢献も実現できるのです。また、ト…Read more

ワークスペースの問題解決

よりよい作業環境を確保するために、オフィスのリノベーションや移転の際にワークスタイルを刷新することをおすすめします。業務効率のアップやコストの削減、全く新しい働き方の実現などが可能です。新たなワークスタイル、快適な空間デザイン、最新のオフィ…Read more

関連リンク